脳ドックのご案内

脳卒中を防ぐために、知っておいてほしいこと

脳卒中とは、あたかも「脳が卒然と中(あた)る」かのような、突然に意識状態が悪くなったり麻痺などの症状が出る病気の総称です。

普段は問題なく生活をしていても、40~50歳代の働き盛りの方で、突然脳卒中を発症することがあります。脳動脈瘤の破裂で起こるクモ膜下出血は前ぶれなく発症しますし、特に高血圧症・脂質異常症(コレステロール値が高い)・糖尿病・肥満・喫煙歴がある方は、脳出血・脳梗塞の注意が必要です。

脳卒中には脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血などの疾患が含まれ、「がん」「心筋梗塞」「肺炎」に次いで、死亡原因の第4位となっています。脳卒中を発症すると、すぐ死に至ることがあり、それを免れたとしても麻痺や高次脳機能障害などの後遺症が残りやすく、「寝たきり」になる原因疾患の第1位です。長期間のリハビリテーションが必要になることもしばしばで、軽度の場合でも社会復帰が困難となることも少なくありません。

このような症状ございませんか?

  • 頭痛
  • しびれ
  • めまい
  • 認知症

脳ドックで脳卒中の予防・早期発見をしましょう。

脳ドックは、脳卒中の原因の早期発見・早期治療によって、発病を防ぐことを目的としています。

具体的には、クモ膜下出血になる前の脳動脈瘤(未破裂脳動脈瘤)を見つけたり、脳梗塞を引き起こすかも知れない脳や頚部の血管の動脈硬化や、無症状の脳梗塞(無症候性脳梗塞)の有無などを検査します。また、高血圧症・脂質異常症・糖尿病・肥満・喫煙歴などの脳卒中の危険因子についても調べ、その他に、脳腫瘍や、認知症の原因になるような脳の萎縮や異常も発見できます。

あなたご自身のためだけではなく、あなたを必要とする大切なご家族のためにも大切な検査です。脳卒中の危険因子がある方、また40歳以上の中・高齢者の方、ご血縁に脳卒中の方がいらっしゃる方にも脳ドックをお勧め致します。

当院では、脳ドックのガイドライン2008(日本脳ドック学会)に準拠した検査方法によって検査を行い、日本脳神経外科認定専門医がその画像診断および総合診断と説明を行います。

最新の医療用画像診断装置によるMRI検査

MRI検査は強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を鮮明にみることができる最新の医療用画像診断装置です。頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、体幹部領域などの全身部位の診断に役立ちます。

MRI 検査による画像例

■MRI装置の特長

検査はベッドに横になっているだけで体の向きをかえることもなく、任意の断層撮像が可能です。 造影剤なしでも血管撮像が可能といった特長があります。
(検査内容によっては非ヨウド系造影剤を使用します。)
当院のMRI検査では『GE(ゼネラルエレクトリック)製』 1.5テスラMRIシステム: Brivo MR355を導入しています。

脳ドックMRI・MRA異常発見率

脳ドックのコース紹介

頭部MRI・MRAコース:所要時間: 約1時間 - 20,000円

脳に異常がないかどうか調べることを目的とした、脳と脳血管の検査です。約1時間で、問診から結果説明までを終えることができますので、忙しい方に最適です。結果は、後日CD-Rとともにお送りします。

[検査内容]
  • 問診、診察
  • 頭部MRI(T1、T2、Flair、T2*)
  • MRA(脳血管)
  • 結果説明
  • 結果報告(郵送)
総合脳ドックコース: 約2時間 - 40,000円

脳の状態と、脳に病気をもたらす生活習慣病などの有無、その両方を調べることで、より全体的に詳しく診断することができるコースです。結果は、後日CD-Rとともにお送りします。

[検査内容]
  • 問診、診察
  • 基本測定
    (身長、体重、体脂肪、BMI、腹囲、血圧)
  • 頭部MRI(T1、T2、Flair、T2*)
  • MRA(脳血管)
  • 生理機能検査
    (安静時心電図・頚動脈超音波検査・血圧脈派検査(PWV・ABI・TBI))
  • 血液検査
    (HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪・尿酸・血糖・HbA1c・末梢血一般)
  • 結果説明
  • 結果報告(郵送)
認知症コース: 約1時間 - 20,000円

50歳以上の方で、物忘れや認知症が気になる方のためのコースです。早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)により画像解析を行います。結果は、後日CD-Rとともにお送りします。

[検査内容]
  • 問診、診察
  • 頭部MRI・MRA検査
  • 長谷川式知能評価スケール
  • 結果説明
  • 結果報告(郵送)

■各種検査でわかる病態・患疾

項目 見つかる主な異常
基本測定 身長、体重、体脂肪、BMI、腹囲、血圧 肥満、高血圧
頭部検査 MRI(磁気共鳴画像) 脳梗塞、脳腫瘍、脳変性疾患、脳萎縮、脳出血
MRA(磁気共鳴血管画像) 脳動脈瘤、脳動脈狭窄・閉塞、脳動静脈奇形、
脳動脈硬化
生理機能検査 安静時心電図 不整脈、狭心症、心筋梗塞
頚動脈超音波検査 頚動脈の動脈硬化、狭窄・閉塞
血圧脈派検査(PWV・ABI・TBI) 主要動脈の血管年齢、狭窄・閉塞
血液検査 中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
脂質異常
尿酸 高尿酸血症
空腹時血糖、HbA1c 糖尿病
赤血球、白血球、血色素量、
ヘマトクリット、MCV、MCH、
MCHC、血小板
貧血、血液疾患

■当院のMRI機器について

【頭部MRI】
メーカ名 機種名 磁場強度
GE Healthcare BRIVO 1.5T(高磁場)

新着情報

  • 2019年03月18日【午後休診のお知らせ】
    3月20日(水)、22日(金)、25日(月)、29日(金)の午後は休診とさせていただきます。
  • 2018年12月05日【年末年始休診のお知らせ】12月31日(月)~1月5日(土)まで、休診とさせて頂きます。1月7日(月)から通常通り診療を行います。
  • 2018年08月10日【夏季休診のお知らせ】8月10日(金)~8月15日(水)まで休診とさせていただきます。

診療時間

午前診:月曜から土曜の9時から12時、予約健診は月曜から金曜の14時から16時、午後診療月曜、水曜、金曜の17時から19時までとなります。なお、休診日は日曜、祝日となりますので、お間違いのないようにお越し下さい。また、不明点などございましたら当院にご連絡ください。

アクセス

【当院のご案内】

◎南海粉浜駅       徒歩4分 ◎阪堺線住吉駅  徒歩8分 ◎地下鉄玉出駅    徒歩8分 ◎南粉浜バス停    徒歩2分

〒559-0001 大阪府大阪市住之江区粉浜2-9-14 コハマビル1・2F

Googleマップで見る

※当院の南側向かい角に
 三井住友銀行があります。

写真でアクセス方法を見る

【駐車場のご案内】

駐車場のご案内

〒559-0001大阪府大阪市住之江区粉浜2-9-14
コハマビル1・2F

このページの先頭へ